HOMEブログ店長ブログ >トイレクリーニング 隙間の汚れが悪臭の原因

トイレクリーニング 隙間の汚れが悪臭の原因

2016/09/15

洗浄後

一般家庭の1階と2階のトイレクリーニングをご依頼いただきました。臭いが気になるということでしたが大体、便器の隙間に付着した汚れや床、壁についた飛沫などが臭いの原因です。今日のお客様のトイレの場合も 洗浄便座と便器の隙間や細部に糞尿が入り込んでいたからでした。

1階のトイレの作業をご紹介させていただきます。

ロータンク

ロータンクの上皿は 水垢が付着しています。

ロータンク洗浄後 ツルツルな表面になりました。

トイレ

便器の底や洗浄便座との隙間に汚れがあります。

洗浄後 トイレのクリーニングは まず止水栓を閉じてロータンク内の水を空っぽにします。つづいて水たまりの水をドレンホースクリーナーで汲み取り 便器の底を空っぽにして作業しやすくします。
きれいになったトイレは気持ちいいです。

トイレ

便器を固定するボルト化粧キャップ周りに汚れが付着しています。

洗浄後 悪臭の原因の1つをクリーニングしました。

縁

便器の縁の内側にも汚れが付着しています。

縁洗浄後 悪臭の原因の汚れを除去してスッキリです。

分解

洗浄便座のロックボタンを押して洗浄便座を外し 汚れている裏側や隙間をクリーニングしました。

蓋

便座カバーを外さないとジョイント部に入り込んだ汚れはきれいになりませんので 分解してクリーニングします。
トイレの作業時間は 1時間10分でした。
私ごとですがトイレの清掃をするとき 植村花菜さんの「トイレの神様」を心の中で歌いながら作業しています。きれいになったトイレを見ると嬉しくなります。トイレの女神様も喜ぶでしょう。 トイレクリーニングほか各種ハウスクリーニングのご依頼は おそうじ本舗甲斐店(➿0120-54-54-66)にどうぞ。 ありがとうございました。