HOMEブログ店長ブログ >日立ビートウォッシュの分解クリーニング BW-D9SV 2014年製 甲斐市にて

日立ビートウォッシュの分解クリーニング BW-D9SV 2014年製 甲斐市にて

2018/08/30

ビートウォッシュ2014

甲斐市で2014年製 日立の洗濯乾燥機ビートウォッシュBW-D9SVを分解クリーニングさせていただきました。
今月5台目の洗濯機クリーニングです。洗濯機クリーニングは クリーニング前後の差がとても実感できますので好きです。

型式

【型式】
日立ビートウォッシュ BW-D9SV 2014年 洗濯容量9kgの大型です。

分解

【分解開始】
コンセント、アース、給水ホースなどを外します。後部両端のボルトを外し 操作パネル両端の隠しビスを取り操作パネルを外します。操作パネル下にあるビス2本抜きます。

乾燥フィルター

【乾燥フィルター隠しビス】
乾燥フィルターケースをとると隠しビスがあるのでとれば 繋がっている配線のコネクターをとれば上部パネルを外せます。

乾燥ユニット

【乾燥ユニット】
上部パネルを外すと奥に乾燥機や吸水ユニットが現れ 分解に邪魔になる配線やコネクター、蛇腹ゴム管やパイプなどを外していきます。

コネクター

【コネクターケース】
ホームベース形のケースの蓋を開け コネクターを外します。

洗濯槽カバー

【洗濯槽カバー】
乾燥ユニットを外し終え 洗濯槽カバー周囲のビス10本とアース1ヶ所外せば洗濯槽カバーが取れます。

脱水槽

【脱水槽&パルセーター】
脱水槽底にある渦を作る回転盤(パルセーター)を外します。

ナット回し

【脱水槽金具外し】
脱水槽ドラムを固定する38mmナットを専用工具(ハンマーレスフランジナット回し)で緩めて外します。

金具

【固定金具】

脱水槽を固定していた金具です。

ギアプーラー

【ギアプーラー 】
脱水槽ドラムの軸が洗剤カスや汚れで固着していましたので専用工具(ギアプーラー )で引き抜きしました。

パルセーター

【パルセーター裏】
パルセーターの裏も このような汚れです。

脱水槽ドラム

【脱水槽ドラム】
抜き出した脱水槽ドラムの底は厳しくカビ、水垢、洗剤カスなどで汚れていました。

洗濯槽カバー裏

【洗濯槽カバー裏】
洗濯槽カバー&中蓋の裏もカビ、水垢などが付着しています。

洗濯槽

【洗濯槽】
カビ、洗剤カス、ヌメリなどがあります。
クリーニング後の様子は下記です。

洗浄後

【洗浄後】
屋外で高圧洗浄し ご覧のようにピカピカです。

脱水槽洗浄後

【脱水槽ドラム内側 洗浄後】
脱水槽の内外に付着していた汚れは高圧洗浄で細部まできれいにしました。

洗濯槽洗浄後

【洗濯槽洗浄後】
付着していたカビ、水垢、洗剤カス、ヌメリなどきれいになっています。

動作確認

【動作確認】
組立後、スイッチを入れ動かし動作確認OK。
3時間30分の作業時間でした。
今月は洗濯機クリーニングのご依頼がたまたま集中し 5台も作業させていただきました。分解すると脱水槽ドラムや洗濯槽は 一様にカビやヌメリが付着していました。 洗濯機も エアコンと同様に 2~3年程度の定期的な分解クリーニングをお勧めします。明日は 北杜市と富士川町でレンジフードクリーニングさせていただく予定です。 洗濯槽クリーニングほか各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積りおよびご用命は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるように心掛けています。ありがとうございました。