HOMEブログ店長ブログ >甲斐市 洗濯槽クリーニング Panasonic 2012年製 NA-FS80H3

甲斐市 洗濯槽クリーニング Panasonic 2012年製 NA-FS80H3

2016/11/14

Panasonic

Panasonicの洗濯槽 2012年製 NA-FS80H3の分解洗浄と壁掛エアコン2台の分解洗浄をさせていただきました。洗濯槽はホコリ、カビやヌメリ、石鹸カスなどが付着していましたが 高圧洗浄で細部まできれいになりました。

型番

型番
Panasonic NA-FS80H3 洗濯容量 8kg

年式

年式
2012年製

爪

上部カバーを外すため 両サイドのビス(シールで覆われている)、裏面のビスを外します。正面の2つの凹部に嵌っているカバーのツメをケレンなどで外すと後ろ側に起こすことができます。

ビス

上部カバーの両サイドにビス穴があります。ビスは丸いシールで隠れています。

分解

上部カバーが閉まらないように一時固定するため 自分で作ったステンレス製支持金具を両サイドに取り付けます。

安全装置

左側奥に 振れ防止の白いプラスチック製の安全装置がありますので折らないように注意しましょう。

パルセーター

グリーン色が回転盤のパルセーター。ドライバーでネジを緩めて外します。裏にワッシャーがついているので無くさないように。
お客様のパルセーターのビスはかなり緩んでいました。使用している間に少しづつ緩んできたのだと思います。

洗濯槽

脱水槽の底の38mmナットと付属金具2つを外します。脱着用専用工具( ハンマーレスフランジナット回し)を使います。

工具

工具。真ん中下の茶色がハンマーレスフランジナット回し。上のシルバー色のがギアプーラー(脱水槽が固くて抜き出せない時使用します)

ナット

外した2種類のナット。右側が下に左側がその上についています。

洗濯槽

抜き出した脱水槽は汚れています。

脱水槽

脱水槽はヌメリや石鹸カスやカビが付着しています。

脱水槽洗浄後 高圧洗浄機により きれいにしました。

底

脱水槽の裏側もカビやヌメリ、石鹸カスが付着しています。

底洗浄後 高圧洗浄してきれいになりました。

脱水槽

普段手が届かない脱水槽の外側は カビや石鹸カスが付着しています。

脱水槽洗浄後 高圧洗浄でご覧のようになりました。

ハンマー

ハンマーレスフランジナット回しを使って脱水槽を38mmナットで固定しています。

パルセーター

パルセーターを取り付けます。

洗濯槽カバー

脱水槽カバーを取り付けます。ビスは8本あります。うち2本は金属製のストッパーもビスと一緒に取り付けるようになっていました。

最後に洗濯パンをきれいにして洗濯機を乗せ 排水ホースや給水ホースを接続しコンセントを入れ動作確認で終了。作業時間は2時間30分です。
久しぶりに洗濯槽の分解洗浄のご依頼をいただき作業させていただきました。脱水槽を抜きだして 奥様に汚れ具合をご確認いただくと大変驚かれていました。 皆様には毎日使う洗濯機ですので 分解洗浄なさることをお勧めします。今月の28日には 日立のビートウォッシュの分解洗浄の作業があります。 明日は 水廻りクリーニング(レンジフード、キッチン、浴室、男性用トイレ)の予定です。各種ハウスクリーニングのご依頼は おそうじ本舗甲斐店(➿0120-54-54-66または080-8871-4471)にどうぞ。 ありがとうございました。