HOMEブログ店長ブログ >三菱の天井埋込4方向エアコンのクリーニング PLZ-RP56AA 南アルプス市で

三菱の天井埋込4方向エアコンのクリーニング PLZ-RP56AA 南アルプス市で

2020/07/26

天カセ三菱

南アルプス市内の会社事務所の三菱天井埋込型4方向エアコンPLZ-RP56AAを分解クリーニングさせていただきました。社長がヘビースモーカーでこのエアコンも厳しいヤニで汚れていましたがエアコン専用洗剤と高圧洗浄で気持ちのいい風が注がれる業務用エアコンに戻りました。

型式

【型式】
三菱 2003年製 PLZ-RP56AA 冷房能力5.6kW

分解

【分解】
動作確認後、動力の電源を落として吸込みグリル、エアフィルター、コーナーパネル、サーモ、ルーバーを動かす配線のコネクターを外します。
つづいて化粧パネルの固定ボルトを緩め外します。
上記写真はコーナーパネルを外したところで落下防止の紐でぶら下がっています。

サーモ

【サーモ】
サーモサタットとルーバーパネルに繋がる配線のコネクターを外します。

基盤

【基盤】
基盤のカバーをとり主電源やリモコンの配線その他を外します。
三菱の基盤カバーはものすごく大きいです。

主電源

【主電源】
主電源やリモコンの配線を外します。取り付ける時に間違わないようS1赤、S2白、S3黒などとシールを貼ります。エアコンによりこの順番は同じではないので都度メモを貼る必要があります。(先日はS1が黒でした)

電装部

【基盤】
基盤ボックスを外すのに干渉する配線のコネクターを外します。

基盤

【基盤】
基盤を外しました。三菱の基盤は大きなドーナツ型です。大きなビニール袋に入れ安全な場所に避難させます。

ドレンパン

【ドレンパン】
基盤を外した状況です。つづいてドレンパンの固定ビスを4本緩め外します。

ドレンパン

【ドレンパン】
結露水が溜まっていましたので水平を保ったまま慎重に下ろしました。

ドレンパン

【ドレンパン】
カビやヌメリが付着し汚れています。

ファン

【シロッコファン】
ナットと特殊固定金具を外しシロッコファンを引き下げます。

モーター

【モーター】
だいぶ古いエアコンですのでモーターを一度外すと取り付けた時に異音が発生する恐れがあり無理して外さず養生して高圧洗浄する方法をとりました。
アルミフィンも天板の亜鉛鉄板もヤニで真っ黒です。

アルミフィン

【アルミフィン】
汚れで強烈に目詰まりしています。エアコン効率はかなり低下していると思われます。

アルミフィン

【アルミフィン】
アルミフィンも天板も最初はシルバー色ですがヤニ汚れが厳しく真っ黒です。顔を近づけると強い異臭がします。

養生

【養生】
エアコン周囲を洗浄シートで養生し高圧洗浄します。高圧洗浄開始直後にヤニ汚れした汚水がどんどん流れ落ちました。

タンク

【汚水回収】
高圧洗浄した洗浄水は下のタンクで回収します。
洗浄後です。↓

部品

【部品】
屋外で高圧洗浄してスッキリと。ヤニを大量に付着していたエアフィルターもすがすがしく。

アルミフィン洗浄後

【アルミフィン洗浄後】
高圧洗浄して黒く汚れていたアルミフィンが白く。

アルミフィン洗浄後

【アルミフィン洗浄後】
エアコン専用洗剤と高圧洗浄機でキレイに。

汚水

【汚水】
ヤニ、カビ、ホコリ、雑菌などで厳しい汚れと臭いです。

作業時間は3時間でした。
《あとがき》
クリーニングを終了し動作確認するため動力の電源を入れると操作パネルに「フィルター掃除」の表示がでます。この表示を消すにはフィルターボタンを2回押すと消えるようになっています。古いエアコンだと取扱説明書がなくて操作方法がわからない場合がありますのでご参考に。
壁掛エアコンもそうですがヘビースモーカーの方のいるスペースにあるエアコンは強くヤニが付着し茶色に変色し臭いもキツイです。今日のエアコンクリーニングをご依頼いただいた社長にクリーニングの様子を見ていただきいかに汚れていたかを実感していただきました。
各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積もりおよびご用命は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるような仕事を心がけています。甲斐店店長ブログ1035件目の投稿でした。ご覧くださりありがとうございました。

〈2020/7/29追記〉29日の夕方、このお客様から電話があり「今日エアコンから水漏れした」との内容で「17年前にこのエアコンを設置してもらった電気屋さんに診てもらい本体のドレン口とドレン配管が外れていてもう治った」とのことでした。
私たちの業務用エアコン4方向の分解クリーニングでは普段その部分は触らない部分です。思い当たるとすればエアコン本体枠と天井のボードがギリギリの辺があり洗浄シートを挟み込むために本体枠を少し内側に手でずらしましたのでそれが原因でドレン口とドレン配管が外れたのかもしれません。次からはその点にも気をつけます。