HOMEブログ店長ブログ >Panasonic お掃除機能付きエアコン 2013年製 CS-562CXR2 クリーニング

Panasonic お掃除機能付きエアコン 2013年製 CS-562CXR2 クリーニング

2016/05/11

分解

午前中に某会社の社宅でスタンダードのエアコンを1台クリーニングした後 午後から某マンションに転勤で住んでいらしゃるお客様のPanasonic製 お掃除機能付きエアコン(CS-562CXR2)の分解洗浄をしました。 Panasonic製のお掃除機能付きエアコンの分解、組立は かなり面倒なタイプになりますので 作業代金は少し高くなっています。電装ボックスの中の配線のコネクターを20ヶ所位抜かないと お掃除ユニットを外すことができませんので少し厄介です。同じメーカーでも年式が異なると 少し仕様も変わるので私たちも多くのエアコンクリーニングを経験する必要があります。
お掃除機能付きエアコンの中でも エアコンメーカーにより作業代金が異なります。富士通、三菱、ダイキンよりも より分解、組立に時間がかかるパナソニック、日立、シャープ、東芝の方がお高くなっています。
家電のクリーニングは予期せぬ故障や破損が生じる可能性がありますが おそうじ本舗は全店 損害保険に加入しておりますので 仮に故障や破損させてしまった場合でも責任を持ってご対応させていただきます。

作業時間は 丁度3時間でした。それでは作業の様子をご覧ください。

外観

設置後3年の Panasonicのお掃除機能付きエアコン。外観はきれいに見えますが・・・。
動作確認してからコンセントを抜き 分解を始めます。 前面パネル、ルーバー、サイドパネルの順番に外していきます。

型番

型番 2013年製 CS-562CXR2 かなり能力が大きい機種ですね。型番の数字56は5.6KWを表しています。

電装部

電装ボックスは下から上に開けるタイプ。蓋が閉まらないよう天井にテープで仮止めしています。
今から左側からと右側からの配線のコネクターを20ヶ所位 外します。必要なコネクターを外したら基盤を電装ボックスから出して濡れないように 他の垂れ下がった配線と一緒にビニール袋に入れて養生します。

部品

分解した各部品。前面パネル、サイドパネル、ルーバー、基盤ユニット、ホースカバー、お掃除ユニット、フィルターなどを外しました。水で洗えない部品はウエスで乾拭きします。

アルミフィン

アルミフィンはホコリやカビで変色しています。
ここからは スタンダードエアコンと同じ養生してから 高圧洗浄機を使用してクリーニングをします。

フィルター

フィルターは 茶色に変色するほどの汚れでした。お客様はタバコはお吸いにならないとのことでした。

洗浄後フィルター

洗浄後のフィルター。 汚れがひどくて 高圧洗浄機を使って洗浄しました。真っ白になって気分爽快です。

洗浄後部品

洗浄後の各部品です。 汚れがあったものが自分の手できれいになっていくのは 気持ちいいものです。

本体

分解して洗浄を終えた部品を元のように組み立て動作確認し しばらく乾燥運転させます。最後に防カビ剤を噴霧して完成!!
お客様に 作業途中の写真をiPadでお見せしながらご説明し作業終了です。
代金を頂き領収書をお渡してから 作業終了確認サインをiPadにいただいて退出しました。
なお、おそうじ本舗では 現金でお支払いいただく以外に クレジットカード決済も可能ですのでご利用ください。
今日の作業でもそうでしたが お掃除機能付きエアコンも カビやホコリが内部にたくさん付着しています。近年、エアコンの内部に付着したカビが原因で「夏型過敏性肺炎」になる方々が増えています。夏に咳をしているひとがいたら 「夏型過敏性肺炎」が疑われます。スタンダードのエアコンもお掃除機能付きエアコンも業務用エアコンも分解洗浄クリーニングをお勧めいたします。おそうじ本舗では現在、エアコンクリーニング全国キャンペーン中です。混み合うシーズン前のこの機会にいかがでしょうか? エアコンクリーニングは おそうじ本舗甲斐店(0120-54-54-66)にどうぞ。 ありがとうございました。