HOMEブログ店長ブログ >パナソニックの洗濯機クリーニング NA-FR80S7 2013年製 甲府市にて

パナソニックの洗濯機クリーニング NA-FR80S7 2013年製 甲府市にて

2019/07/11

NA-FR80S7

17時30分から甲府市のご家庭で2013年製 パナソニックの洗濯機NA-FR80S7を分解クリーニングさせていただきました。
この脱水槽を抜き出すとき軸が洗剤や汚れで固着していました。ギアプーラーを使うつもりでしたが爪を掛ける部分が脱水槽の底になく 手で引き揚げせざるを得ませんでした。急遽現場近くの他店舗に応援を頼み 二人であれこれカラカイ(山梨の方言でいじくること)30分かかりなんとか抜き出すことができ安堵しました。

型式

【型式】
パナソニック 2013年製 NA-FR80S7 洗濯容量8kg

パルセーター

【パルセーター】
まず底にあるパルセーター(渦をつくる回転翼)を外します。

分解

【上部パネル立ち上げ】
上部パネルを閉まらぬよう支持ステーで固定します。ゴムダクトの固定金具を外し内蓋周囲のビスを外すと蓋が外せます。

ハンマー

【脱水槽外し】
脱水槽固定金具を専用工具で緩め外します。

金具

【固定金具】
脱水槽の固定金具です。

洗濯槽

【洗濯槽】
脱水槽ドラムをやっとのことで抜き出してみると 洗濯槽内部はカビ、洗剤カス、水垢などで厳しく汚れていました。

洗浄後の状況です。

パルセーター洗浄後

【パルセーター洗浄後】
付着していた水垢をとりキレイに。

脱水槽洗浄後

【脱水槽洗浄後】
屋外で高圧洗浄して清潔な脱水槽ドラムに戻りました。

洗濯槽

【洗濯槽洗浄後】
汚れていた洗濯槽内部もご覧のように。
《あとがき》脱水槽の引き揚げ専用工具(ギアプーラー )を使用することができないタイプの脱水槽が稀にあります。今日のように爪が引っかからないものや穴が小さすぎて爪が入らないものがあります。このような場合は 固着している軸周りを洗剤、潤滑スプレー、お湯などを使い 脱水槽を手で少しづつグラグラさせて引き抜くのでそれなりの時間がかかります。 明日も洗濯機クリーニングの予定があります。各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積りおよびご依頼は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるような仕事を心がけています。ありがとうございました。