HOMEブログ店長ブログ >少し前のタイプの浴室清掃

少し前のタイプの浴室清掃

2016/04/02

ステンレスの浴槽

ご年配のおばあちゃんのお宅の浴室清掃を承りました。年をとって清掃をすることが重労働で困難になってしまったとのことでした。昔のお風呂はステンレス製浴槽にタイル壁、床がよく使われていましたが懐かしいと思う方がいらっしゃいますか?
現在の浴槽はFRP(ガラス繊維強化プラスチック),ホーロー、人工大理石、ヒノキやヒバなどの木製が主に使われています。

鏡

鏡はウロコが付着していて姿が映りません。
なお、 ウロコは鏡についた水の水分が蒸発しカルキやカルシウムが残り固まって付着したものです。

水栓金具

水垢や石鹸カスが水栓金具や床に付着しています。

タイル目地

タイルの目地はカビで真っ黒。タイルの平面は水あか汚れ。

清掃後の鏡

3時間30分かかってしまいましたが清掃後の浴室の様子はこんな感じになりましたのでご紹介します。鏡は姿がよく映るように変わりました。

清掃後の水栓金具

水栓金具も輝きを取り戻し床も美しいマリンブルーが現れました。

清掃後の目地

目地や天井のカビも取れスッキリしたラインが気持ちいいです。
なお、天井はカラー鋼板製です。
お年を召した方が浴室の壁や天井など高い位置の清掃をなさるのは大変なことで何かに乗ってやると滑ったり転んで怪我をする危険もあり注意が必要です。おそうじ本舗甲斐店で何かご協力できることがございましたらお問い合わせください。