HOMEブログ店長ブログ >家庭用天井埋込エアコン National CS-B406AC2 クリーニング

家庭用天井埋込エアコン National CS-B406AC2 クリーニング

2016/07/20

アルミフィン

設置して10年経ったNationalの家庭用天井埋込エアコン CS-B406AC2のクリーニングをさせていただきました。スイッチをいれると黒いゴミが出てくるのでクリーニングしてほしいと奥様からのご依頼でした。分解途中にカビやホコリの付着の様子を奥様に見ていただき 「まぁ〜、大変。こんなになってたの〜」室内で犬を飼っているので夏も冬もご使用されていてハードな汚れです。

作業を順を追ってご紹介します。

型番

型番 National CSーB406AC2 冷房能力 4.0kW

本体

リビングに設置されている天井埋込エアコン(一方向)です。動作確認後 ブレーカーを落として分解に入ります。

分解

吸込みグリル、フィルター、本体パネルの順に外していきます。

ドレンパン

ドレンパンを外します。直前まで使用なさっていたので 結露水がたくさん溜まっていて 外すとき傾けたため少しこぼしてしまいました。床に防水シートを敷いて作業するのが おそうじ本舗の標準ですので ウッカリがあっても床を汚すことはございません。

吹き出し口

吹き出し口は 大量のカビが付着しています。

フィン

アルミフィンもアルミフィン前のプラスチック製フィンもホコリが積もっています。

アルミフィン

アルミフィンはホコリやカビで汚れ 変色しています。

アルミフィン

アルミフィン右側の隙間が吹き出し口。この奥に シロッコファンがあります。

電装部

電装部の中もホコリが積もっています。

電装部

電装ボックスを外して ビニール袋に入れ養生して水濡れや誤って踏まないよう離れたところに保管します。コネクターは同色ペアなので間違えることはありません。

ドレンパン

ドレンパンは 物凄い汚れでした。

パーツ

分解したパーツです。それぞれ汚れがハードです。

パーツ洗浄後 洗浄後のパーツです。屋外でシャワーを使って洗浄し ご覧のようにリフレッシュしました。

アルミフィン

奥の熱交換器(アルミフィン)もその前の白いパーツもホコリやカビの付着が大量です。

アルミフィン洗浄後 熱交換器を高圧洗浄したので エアコン効率はかなり向上すると思います。

シロッコファン

高圧洗浄したシロッコファンもご覧のとおり きれいです。

養生

埋込型エアコンの養生は 四方を包み込むようにします。

汚水

高圧洗浄して出た汚水です。

汚水

10年分の汚れは 真っ黒です。 動作確認しOK。作業時間は 3時間です。
作業道具を片づけているうちに お客様に床の掃除機がけをさせてしまいました。本来は 私たちのすることですので恐縮です。
家庭用天井埋込型エアコンは 業務用に比べ 一回り小さいので外したパーツも1人作業でも容易に扱うことができます。昔、天井埋込型エアコンクリーニングを初めて行った時、とても緊張したのを覚えています。天井埋込型は 時々しか機会がありませんが作業をするのが 今はとても楽しいです。 このあと 壁掛スタンダードエアコンを2台クリーニングしましたが 天井埋込型エアコンとくらべると段違いに容易だと感じながらの作業でした。 天井埋込型エアコンも壁掛エアコンも クリーニングのご依頼は おそうじ本舗甲斐店(0120-54-54-66)にどうぞ。 ありがとうございました。