HOMEブログ店長ブログ >日立の天井埋込形エアコン4方向の分解洗浄 RCI-P140K1 2002年製 昭和町

日立の天井埋込形エアコン4方向の分解洗浄 RCI-P140K1 2002年製 昭和町

2020/09/14

日立天カセ

中巨摩郡昭和町内の美容室で2002年製 日立の天井埋込形エアコン4方向RCI-P140K1の分解クリーニングをさせていただきました。
分解していくとドレンパンを外したところで異変が判明しました。アルミフィンを吊っているL形アングル金具が腐食していてアルミフィンの片側が10センチも下がっていました。作業中に落下しないかと不安を抱きながら慎重に進めました。
ご依頼者が知り合いの電気屋さんに連絡し ホームセンターで調達してきた部材をその場で加工取付して下さり難を逃れました。

型式

【型式】
日立 2002年製 RCI-P140K1 暖房能力14kW 5馬力の大型です

分解

【本体パネル外し】
動作確認後、ブレーカーを落とし分解開始。まず、基盤に繋がるルーバーの配線のコネクターを外します。コーナーパネルを外し本体パネルを固定しているボルト4箇所とって本体パネルを外します。

ドレンパン

【基盤外し】
基盤を外すため干渉する主電源やリモコンの配線やコネクターを外します。基盤は濡らしたり踏んだりしないようにビニール袋に入れて安全な場所に避難させます。

ドレンパン

【ドレンパン外し】
結露水が溜まっているので慎重に下ろしました。

アルミフィン

【アルミフィン】
黒変したアルミフィンが現れました。ただ、アルミフィン手前コーナーのアングル吊り金具が腐食していてアルミフィンの一部が下がってグラグラしていましたので作業を一旦中止しました。

金具

【腐食金具】
アルミフィンを吊っているL金具が腐食し一部無くなっていました。

金具

【腐食金具】
アルミフィン内側の吊り金具の下部が腐食しなくなっていてアルミフィンの片側が約10センチも下がっています。
→店のオーナーが連絡し懇意の電気屋さんが駆けつけてくれ 吊り金具を加工して取付していただきました。

養生

【養生】
エアコンの周囲を専用洗浄シートで養生し高圧洗浄します。

ドレンパン

【ドレンパン】
カビやスライムでぬめって厳しく汚れています。

部材洗浄後

【部材洗浄後】
汚れていたドレンパンや目詰まりしていたエアフィルターなどもキレイにして乾燥させています。

ファン

【シロッコファン】
カビやホコリが付着しくすんでいます。

部材洗浄後

【部材洗浄後】
屋外でキレイにして乾燥させています。

アルミフィン

【アルミフィン】
厳しく汚れています。酸っぱい異臭が漂います。

アルミフィン洗浄後

【アルミフィン洗浄後】
高圧洗浄して細部までキレイです。

汚水

【汚水】
洗浄水は真っ黒です。
《あとがき》
組立後、動作確認でブレーカーを入れるとブレーカーが落ちてしまいました。基盤ボックスを開け再度各配線やコネクターが間違っていないか確認しましたが間違っていませんでした。夕方、メーカーのサービスマンに来てもらえることになり調査してもらったところモーターと基盤交換が必要とのこと。基盤もモーターも濡れた形跡もなく配線も正しく取り付けられているとのことでしたが 20年近く前の機器なのでコネクターや電線の抜き差しで壊れることもあるとのことでした。至急部品を手配してもらい入荷後修理していただくことになりました。
それ以外に結露水のフロートのセンサーを逆さまに付けてあったようで過去に清掃業者か電気工事屋さんが間違った作業をしていたようです。
洗髪台の真上にエアコンがあり脚立を真下に設置できなかったことやアルミフィンが落下しそうになっていたことなどもあり天井埋込形エアコンクリーニングをした中で最も手こずった現場でした。

各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積もりおよびご用命は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるような仕事を心がけています。甲斐店店長ブログ1055件目の投稿でした。ご覧いただきありがとうございます。