HOMEブログ店長ブログ >日立洗濯乾燥機ビートウォッシュの分解清掃 BW-D8PV 2012年製 甲府市にて

日立洗濯乾燥機ビートウォッシュの分解清掃 BW-D8PV 2012年製 甲府市にて

2018/09/26

bw2012

甲府市内で2012年製 日立の洗濯乾燥機ビートウォッシュBW-D8PVを分解清掃させていただきました。分解していくと各所に汚れがあり 高圧洗浄などで細部まできれいにしました。

型式

【型式】
日立 2012年製 ビートウォッシュBW-D8PV 洗濯容量8kg

分解

【分解開始】
コンセント、アースを抜き 止水してから給水管を外します。
つづいて後部のボルト、操作パネル下のボルト、乾燥フィルター奥のビスなど外していきます。

上部パネル

【上部パネル外し】
上部パネルを外し 奥の乾燥機などのユニットの配線や蛇腹ダクト、チューブなどを外します。
ビートウォッシュの分解組立を複雑にしているのがこの部分です。

中蓋

【中蓋、洗濯槽カバー】
洗濯槽カバーの周囲にある11本のビスとアース1ヶ所を外せばカバーがとれます。

パルセーター

【パルセーター】
底にある渦巻きを作る回転盤(パルセーター)のボルトをとります。洗剤カスや汚れで固着していましたがCフックビス2本を使い 引き揚げしました。

パルセーター裏

【パルセーター裏】
パルセーターの裏は 洗剤カスやヌメリでこのように汚れていました。

脱水槽

【脱水槽】
縁や底は このように強く汚れていました。

ハンマー

【脱水槽金具外し】
脱水槽を固定している金具は 強固に締まっていますので 特殊工具で緩めて外します。
非常に高い金属音がしますので 事前にお客様にご説明しておきました。

脱水槽外し

【脱水槽外し】
金具を外しても 軸が洗剤カスや汚れで固着しているので 特殊な引き揚げ工具を使い抜き出しました。

ビス ボルト

【外したボルトや金具類】
分解するのに外したものは 順番に整理して場所のメモをつけておくと組み立ての時 とてもスムーズです。

洗濯槽

【洗濯槽】
洗剤カス、カビ、ヌメリ、ゴミなどで厳しく汚れています。

洗濯槽洗浄後 【洗濯槽 洗浄後】
清潔な洗濯槽に戻りました。

パルセーター裏

【パルセーター】
厳しく汚れが付着しています。

パルセーター洗浄後 【パルセーター洗浄後】
高圧洗浄して細部まできれいになりました。

脱水槽

【脱水槽】
奥様に 部品や汚れ状況を見ていただきました。

脱水槽洗浄後 【脱水槽 洗浄後】
洗剤、ブラシ、高圧洗浄機を使い細かいところまできれいにしました。

洗浄後

【洗浄後】
洗浄したあと 太陽光で乾燥させています。

部品

【部品】
細かい部品も きれいにしてあります。

乾燥機

【乾燥フィルターの汚れ】
乾燥フィルターのネットに沢山の衣類綿ゴミが溜まっていました
【あとがき】 分解の途中やパルセーター、脱水槽ドラム、洗濯槽などの汚れ具合やクリーニング後の様子を奥様に見ていただき 「頼んでよかった」と 嬉しいお言葉をいただきました。 明日から3日間、竜王駅北口で5LDKの戸建て入居前まるごとクリーニングを予定しています。各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積りおよびご用命は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるように心がけています。ありがとうございました。