HOMEブログ店長ブログ >日立ビートウォッシュの分解クリーニング BW-D8PV 2013年製 甲斐市にて

日立ビートウォッシュの分解クリーニング BW-D8PV 2013年製 甲斐市にて

2019/06/11

ビートウォッシュ

甲斐市のご家庭で2013年製 日立の洗濯乾燥機ビートウォッシュBW-D8PVを分解クリーニングさせていただきました。

3時間の作業の様子をご覧いただきます。

型式

【型式】
日立 ビートウォッシュ BW-D8PV 2013年製 洗濯容量8kg

分解

【分解開始】
止水しコンセント、給水管、アースなど外します。

操作盤

【上部パネル外し】
操作盤の隠しビスを外し 上部パネルを固定する両端のビスを外します。
つづいて後方両端の長いボルトも外します。

乾燥フィルター

【乾燥フィルター】
ケースを外すと隠しビスがあります。

モール

【サイドモール】
上部パネル内側の左側にあるモールの配線を外します。

ダクト

【ダクト】
洗濯槽カバーに接続しているゴムダクトやパイプの固定バンドを緩め外します。
スチールバンドがかなり錆びついていました。

パルセーター

【パルセーター】
底にある渦をつくる回転盤(パルセーター)を外します。
中心の固定ボルトを外したあとCフックビスを2個使い持ち上げます。

上部パネル

【上部パネル外し終了】
上部パネルを外しました。ヒーターや電装部のユニットを外します。

コネクター

【コネクター外し】
ホームベース形のカバーを外し4つのコネクターを外します。

ヒーター

【ヒーター】
ヒーターを外しました。

電装部

【コネクター外し】
組立するときに間違えないようナンバリングしておきます。

洗濯槽カバー

【洗濯槽カバー】
周囲の固定ビス11ヶ所とアース1ヶ所とると洗濯槽カバーがとれます。

脱水槽

【脱水槽】
脱水槽を固定する38mmの6角ナットとワッシャーを専用工具で緩めとります。

脱水槽引き揚げ

【脱水槽引き揚げ】
脱水槽の軸が固着しているのでギアプーラー 3本爪でシフトアップします。

洗濯槽

【洗濯槽】
洗剤カス、カビなどで汚れています。

クリーニング前の脱水槽です。

脱水槽

【脱水槽】
水垢が付着したり繊維クズが入り込んでいます。

脱水槽

【脱水槽底】
水垢や洗剤カスが付着しています。

脱水槽

【脱水槽底】
繊維クズ、洗剤カスなどが強く入り込んでいます。

クリーニング後です。

洗浄後

【洗浄後】
屋外で洗剤、ブラシ、高圧洗浄機を使いキレイに。

洗浄後

【洗浄後】
ステンレスドラムの小さな穴に入り込んでいた繊維クズも除去しました。

洗浄後

【洗浄後】
洗濯槽も汚れをとりましたので 明日から楽しく洗濯できます。
部品を組立し動作確認OK。3時間の作業でした。
《あとがき》天気予報では雨だったので 高圧洗浄を外でするのに困るなぁと思っていましたが 運よく晴れ スムーズに作業することができました。梅雨の中の貴重な晴れ間でした。明日は お掃除機能付きエアコン3台のクリーニング予定です。各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積りおよびご用命は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるような仕事を心がけています。きょうはわたしの誕生日でした。