HOMEブログ店長ブログ >日立洗濯機ビートウォッシュクリーニング BW-8SV 南アルプス市にて

日立洗濯機ビートウォッシュクリーニング BW-8SV 南アルプス市にて

2019/03/20

bw-8sv

南アルプス市で2013年製 日立ビートウォッシュの分解クリーニングをさせていただきました。新築の家に入居されて数日とのことですが洗濯機は6年目のご使用です。厳しい汚れがある洗濯機でしたが きれいにさせていただきました。
それでは 作業状況をご覧ください。

型式

【型式】
日立ビートウォッシュ BW-8SV 2013年製 洗濯容量8kg

BW本体

【分解】
動作確認後止水し給水管、アース、コンセントなど外します。

後方のビス

【後方の隠しビス】
上部パネルを固定する左右の隠しビスを抜きます。

隠しビス

【手前の隠しビス】
操作パネルの左右の隠しビスを抜きます。

操作パネル

【操作パネル】
操作パネルの周囲の嵌合爪を外します。

爪

【操作パネル手前の爪】
上部パネルの手前左右の引っかかりを外すと上部パネルを後方に立ち上げることができます。

支持金具

【支持ステー】
上部パネルが閉まらないように専用のステーで固定します。

パルセーター

【パルセーター】
渦をつくる回転盤(パルセーター)のビスを外しててパルセーターを引き上げます。このまま手では引き上げできないのでC形ネジを二ヶ所ねじ込み引き上げしました。

脱水槽底

【脱水槽底】
パルセーターを外すと脱水槽の底はこのように汚れていました。茶色いのは 鉄粉を含んだ水垢です。

ハンマーレス

【ハンマーレスフランジナット回し】
脱水槽を固定する金具を専用工具(ハンマーレスフランジナット回し)で外します。

ギアプーラー

【ギアプーラー 】
脱水槽を専用工具(ギアプーラー )で引き上げします。

固定金具

【固定金具】
上の3つが脱水槽を固定している金具やワッシャーで下がパルセーター用です。
クリーニング後の様子です。

洗濯槽

【洗濯槽】
水垢、洗剤カス、柔軟剤、カビ以外に茶色い鉄粉が溜まっています。
生乾きのような異臭の原因のひとつです。

洗濯槽洗浄後 【洗濯槽洗浄後】
鉄粉を除去するのに手間がかかりました。

脱水槽

【脱水槽・パルセーター】
ご覧のような汚れが付着しています。
これらが洗濯中に剥がれ 洗濯物に付着します。

洗浄後 【脱水槽、パルセーター、洗濯槽カバーの洗浄後】
屋外で高圧洗浄し細部まで汚れを除去しました。

脱水槽

【脱水槽】
ステンレスドラムに水垢や繊維クズ、カビが付着しています。

脱水槽洗浄後

【脱水槽、パルセーター、洗濯槽カバーの洗浄後】
脱水槽はステンレスの輝きが戻り ピッカピカです‼️

動作確認

【組立、動作確認】
部品を組立し動作確認をしてOK。3時間の作業でした。
《あとがき》今日作業させていただいた洗濯機は 脱水槽や洗濯槽に茶色い汚れがこびりついていて最初は 「何の汚れなんだろう?」と思いながら除去クリーニングしていました。途中で奥様にお話しするとご主人が仕事の関係で作業着に鉄粉がつくとのことがわかりました。できれば小さなお子様がいるので作業服専用の洗濯機を設置なさった方がいいとアドバイスさせていただきました。 各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積りおよびご依頼は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるような仕事を常に心がけています。ありがとうございました。