HOMEブログ店長ブログ >日立ビートウォッシュ分解クリーニング BW-8KV 2009年 山梨市

日立ビートウォッシュ分解クリーニング BW-8KV 2009年 山梨市

2018/06/28

bw-8kv

山梨市で2009年製 日立のビートウォッシュBW-8KVを分解クリーニングさせていただきました。他店舗の都合が悪くピンチヒッターでのお仕事でした。乾燥機能がないタイプのビートウォッシュですので面倒な分解組立はありません。
時々、洗濯槽クリーナーをお使いとのことでしたが 脱水槽を抜き出すと石鹸カスやヌメリが厳しく付着していました。お客様に数年に一度の分解クリーニングをお勧めしました。

型式

【型式】
日立ビートウォッシュ BW-8KV 洗濯容量8kg

型番

【年式】
2009年

分解

【分解】
本体後ろ左右のボルトを抜きます。

操作盤

【操作パネル左右のボルト】
操作パネルの左右にあるボルトを抜きます。

操作パネル

【操作パネル】
操作パネルの奥側の爪を外し上げて外します。操作パネルを上げるのは 操作パネルの下の本体パネルの爪を外し本体パネルを立ち上げするためです。

本体パネル

【本体パネル】
本体パネルの手前を立ち上げ 閉まらないように専用ストッパーで固定します。

フレ防止

【振れ防止】
右側手前にある白いプラスチックの振れ防止装置を壊さないよう注意します。

洗濯槽カバー

【洗濯槽カバー】
周囲のビス5ヶ所とると外せます。

パルセーター

【パルセーター】
脱水槽底の回転盤(パルセーター)を外します。中央のビスは固着していて 電動工具で緩めました。そのあとパルセーターが引き上がらないため 上記のようにCネジを使い引き上げしました。

ハンマー

【ハンマーレスフランジナット回し】
脱水槽を留める金具を専用工具で外します。

ボルト

【ボルト、ワッシャー】
脱水槽を留めていた金具です。

ギアプーラー

【ギアプーラー】
脱水槽は固定金具を外しただけでは両手で引き上げできません。ギアプーラーという専用工具を使って外します。

脱水槽

【脱水槽】
石鹸カスやヌメリが厳しく付着しています。

脱水槽洗浄後 【脱水槽 洗浄後】
高圧洗浄機で細部まできれいにしました。

パルセーター

【パルセーター裏】
ヌメリやカスが付着しています。

パルセーター洗浄後 【パルセーター 洗浄後】
裏側もこんなにきれいに。

部品

【洗浄後乾燥中】
屋外で高圧洗浄したあと乾燥させています。

洗濯パン

【洗濯パン】
洗濯機をズラすとこのような状況でした。

洗濯パン洗浄後 【洗濯パン洗浄後】
きれいになりましたね。

洗濯槽

【洗濯槽 洗浄後】
汚れていた洗濯槽もご覧のようにきれいになっています。
お休みをずっととっていないので 疲労が蓄積し仕事のパフォーマンスの質が落ちていると自覚しています。仕事の質が落ちるということはお客様に迷惑をかけることになるのでたまには休まないといけないと思っています。でも7/23まで予定が入っちゃっていますので・・・。 明日はパナソニックのお掃除機能付きエアコンと浴室クリーニングのお客様とスタンダードエアコンクリーニングのお客様の予定です。 各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積りおよびご用命は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるように心掛けています。ありがとうございました。