HOMEブログ店長ブログ >日立 ビートウォッシュ分解クリーニング BW-D11XWV 2016年 北杜市

日立 ビートウォッシュ分解クリーニング BW-D11XWV 2016年 北杜市

2018/04/27

ビートウォッシュ

北杜市のご家庭で2016年製の日立ビートウォッシュBW-D11XWVを分解クリーニングさせていただきました。洗濯していて黒いカスが衣類につくようになったため奥様から洗濯槽クリーニングのご依頼をいただきました。
洗濯容量が11kgの大型で本体重量が65kgもあり持ち上げるのに力が必要でした。上部の蓋はガラス製でとても高級感があります。

分解

【本体】
縦型の洗濯機で洗濯容量11kgは最大級でしょう。
ビートウォッシュは 表面に出ているビスが少ないことと給排水・乾燥機能ユニットなどが分解を厄介なものにしています。

ラベル

【型式】
日立ビートウォッシュ 2016年 BW-D11XWV
型式にDがつくものは乾燥機能付きです。
この型式は2015年から発売されたようです。

下部パネル

【異物トラップパネル】
正面下部のパネルを外します。
異物トラップという筒状のメッシュケースも糸くずや綿くずなどが溜まっていますのであとで掃除します。

前面パネル

【前面パネル】
下部のビス3ヶ所外して下にずらすと取れます。

操作盤配線

【操作パネル配線】
操作盤に繋がる配線のコネクター3つを外します。

洗剤ケース

【洗剤ケース手前の隠しビス】
洗剤ケースの蓋を上げてから手前の小さなパネルを外すと隠しビスがあります。ビス2ヶ所抜きます(この隠しビスを探すのに少し時間がかかりました) 右側のビスをとると操作パネルを左にズラすことが出来 操作パネルを外せます。
あとでオレンジ色の洗剤ケースの爪を4ヶ所外して上部パネルから離します。

操作パネル

【操作パネル】
左にスライドさせ外し右端にある隠しビスを抜きます。
上部パネル後方の左右の6角ビスを取り蛇腹ゴム給水管など外し 乾燥フィルターケース奥のビス2ヶ所取れば上部パネルを外せます。

ユニット

【乾燥、水循環ユニット】 上部パネルを外したら 奥のユニットのコネクターや給排水パイプや蛇腹ホースなどを外します。コネクターもたくさんあり間違えないように番号をつけて外します。給排水パイプのいくつかは かなり固くて外すのに苦労しました。

乾燥ユニット

【右側奥のコネクター】
ユニットを外すのに邪魔になる配線のコネクターを抜きます。これらは黒い袋に包まれています。

乾燥器

【乾燥機】
ユニットをごそっと外すと乾燥機だけ残ります。奥のビス2ヶ所外せば取れます。

内蓋

【内蓋、洗濯槽カバー】
内蓋右奥にあるアースを外し周囲のビスをとればカバーが取れます。

パルセーター

【パルセーター裏】
脱水槽底のパルセーターを外しました。裏側は石けんカスやヌメリで汚れています。
このような汚れが洗濯物に付着します。

脱水槽

【脱水槽外し】
脱水槽を固定するナットは44口径のため特殊アダプターをハンマーレスフランジナットにつけて外します。

ナット

【パルセーター固定金具】
この順番にボルトワッシャーがついています。
ボルトは角が緩やかになっている面が上です。

ナットワッシャー

【脱水槽固定金具】
44口径の金具は 専用アダプターを使い 緩めたり締め付けします。

洗濯槽

【洗濯槽】
奥様は「こんな汚れの中で 毎日衣類を洗濯してたなんて‥‥」「洗濯槽洗剤を使っていてもダメなんですね」

洗濯槽洗浄後

【洗濯槽 洗浄後】
石けんカスやヌメリなど除去しました。

脱水槽洗浄後

【脱水槽、パルセーター 洗浄後】
高圧洗浄機で細部まできれいにしました。
脱水槽やはり 大きいですね。

脱水槽洗浄後

【脱水槽 洗浄後】
屋外で洗浄、乾燥させました。

確認

【動作確認】
組立後 動作確認しようと電源を入れたら入りませんでした。瞬時に 操作パネルに繋がる配線のコネクター3ヶ所を繋がなかったのを思い出し前面パネルを外しつなぎOK。間抜けなミスでした。
2016年製の乾燥機能付きビートウォッシュの作業は初めてでした。上部パネルの外し方が 異なること以外は 従来のものと変わりません。ただ、パイプのいくつかは固くて外すのに苦労しました。作業時間は3時間45分でした。 ビートウォッシュほか各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積りおよびご用命は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足ししていただけるように心掛けています。ありがとうございました。明日は富士通のお掃除機能付きエアコンクリーニングの予定です。