HOMEブログ店長ブログ >東芝洗濯機分解クリーニング AW-60SDF 2008年製 甲斐市にて

東芝洗濯機分解クリーニング AW-60SDF 2008年製 甲斐市にて

2019/01/13

東芝AW-60SDF

甲斐市で2008年製 東芝洗濯機AW-60SDFを分解クリーニングさせていただきました。
パルセーターの軸が固着していて緩め外すのに40分要してしまいました。

型式

【型式】
東芝 2008年製 AW-60SDF 洗濯容量6.0kg

パルセーター

【パルセーター】
底の渦を作る回転盤(パルセーター)の中心のネジが洗剤やサビで固着していて電動ドライバーでも緩まず 潤滑スプレーやヘアードライヤー、氷を使い伸縮させ40分かかり外すことができ安堵しました。

分解

【背板側】
背面上部左右のビスを外します。亜鉛鉄板のパネルを外し 配線のインシュロックを外して配線に余裕を持たせます。

操作パネル

【操作パネル】
操作パネル右上の隠しビスを外し 操作パネルを右にスライドさせ外します。

上部パネル爪

【上部パネル固定爪】
上部パネルを固定する爪が操作パネル下左右にあり引っかかりを外せば 上部パネルを後方に立ち上げることができます。

洗濯槽カバー

【洗濯槽カバー】
上部パネルが閉まらないように専用の支持ステーで固定します。洗濯槽カバーは周囲のフックを外せばとれます。

洗濯槽カバー裏

【洗濯槽カバー裏】
柔軟剤やカビが強く付着しています。

脱水槽ビス

【脱水槽固定金具】
脱水槽を固定する4本のボルトをTレンチで緩め外します。かなり錆びています。

ギアプーラー

【ギアプーラー 】
脱水槽の軸が固着しているので専用工具(ギアプーラー )で引き揚げます。

脱水槽の汚れ

【脱水槽底の汚れ】
凹凸のハニカム構造でカビや洗剤カスやヌメリで厳しく汚れています。

脱水槽の汚れ

【脱水槽横の汚れ】
ステンレスの輝きが汚れでくすんでいます。

洗濯槽

【洗濯槽】
柔軟剤、洗剤、カビ、繊維クズなどが付着しています。

パルセーター裏

【パルセーター裏】
カビや水垢で汚れています。
洗浄後の洗濯槽や脱水槽ドラムは下記のようになりました。

洗浄後

【洗浄後】
ステンレスドラムの輝きが戻り パルセーターや洗濯槽カバーもきれいになっています。

洗浄後

【洗濯槽洗浄後】
これで安心して洗濯をしていただけます。
《あとがき》今月は東芝の洗濯機のクリーニングがなぜか集中していて3台予定しています。洗濯機から生乾きの匂いがしたり洗濯物に黒いカスが付着するようになったら かなり汚れていると思われます。分解クリーニングをお勧めします。 各種ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニングなどのお見積りおよびご依頼は おそうじ本舗甲斐店(☎️0120-54-54-66)にどうぞ。感動と満足をしていただけるように心掛けています。ありがとうございました。